2016年11月24日

空室が埋まっても結構悲惨です

長い間空室だった部屋が埋まりました。

7月からなので、約5カ月です。

長かったです。

その間に色々な手立ては打ってきました。

広告料を増やしたり、インテリアを設置したり。

この入居で、たくさんの出費が予想されます。

まあ、決まっただけましですが…


どんな条件で決まったのか?

この中途半端な時期ですから、かなり悪い条件で決まりました。

敷金礼金は無し。

広告料2か月分。

家賃も値引き交渉有り。

3000円も値引きを要求してきました。

でもこれを逃すとさらに空室は続きます。

売却も考えているので白旗をあげ、この条件をのみました。


新築時から比べると〇千円も家賃が下がってしまった

新築の時の家賃から比べると、6000円は下がっています。

一戸当たり2000円は下がっています。

これが今のこの物件の実力です。

今後家賃が上がることは考えられません。

後はどれくらいの金額で売却できるかですね。

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村






posted by matsu3 at 12:54| Comment(0) | アパート経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: